ロゴ

援デリ嬢に足つぼマッサージをしてあげたら、たいへん歓ばれました

援デリ


ハッピメールで援デリ嬢とアポ取りしました。

そしたら相手は思った以上のハイクラスの女子でした。小顔で、脚が長く、スタイル抜群。クリッとしたバンビ目をした23才です。

でも、どことなく覇気がありません。

正直、エッチをしてもいまひとつ盛り上がりに欠けていました。

訊いてみると、彼女は近頃、ひどい倦怠感であまり眠れないんだそうです。


援デリの写真


「ちょっと足裏を診てもいいかな?」

私は彼女にいいました。

じつは私、足つぼマッサージのサロンを経営する施術師なのです。そうして施術を始めると、

「わー!いてててててて!」

彼女の足裏はカチンコチンに凝っていました。内臓が全般的に疲れていて、とくに腎臓の機能が低下しているようです。凝っているだけでなく、足が氷のように冷え切ってるので血流も悪いです。

「ギャー!痛い痛い痛い痛い!」

彼女がもっとも痛がっていたのはいうまでもありません。「生殖器のツボ」を押したときです。

施術が終わったとき、彼女の足裏はうそみたいにポカポカに温まっていました。

「ゆるま湯をたくさん飲んでから、一時間くらい眠ってごらん」

私がそう告げると、彼女はお湯を飲み、軽くいびきをかいて眠り始めました。


セフレの画像


「わあ。すごい!視界がクッキリした!」

二時間ほどで目覚めると、彼女は生き生きと目を見開いていいました。

「血流がよくなったんだよ。早くトイレにいって身体の毒をだしておいで」

トイレにいった彼女はさらにハツラツとなって戻ってきました。

「ありがとう。すっごい楽になった」

そういって、もう一度私にフェラを開始しました。さらにそれからその日二度目のエッチに移行しました。さっきとは打って変わりマンコの具合も良好です。

そうしてエッチが終わると、

「久々気持ちいかった」

と彼女から何度もお礼をいわれ、結局お金も取られませんでした。

「また疲れがたまったら、メールしていいかなあ?」

「もちろん」

足つぼをほぐすくらいでエッチさせてくれるなら大歓迎です。



不倫パートナーを探す女性が多い掲示板サイト

※LINEのIDを交換する事で併用できるサイトです。初回無料ポイント付のサイトばかりです

>> 管理人の最近のハメ撮り写真(鮮明な画質です)

Copyright © 不倫パートナー All Rights Reserved.